月別アーカイブ: 2014年8月

同情してだめんずにひっかかってしまった話

20代のころ、2歳年下の男性とある勉強会を通して知り合いました。その人は無職でしたが、母子家庭だということで、お父さんが2歳の時にいなくなった話とか、身の上話を聞いていたら同情してしまいました。
気の毒だと思い、更に向こうがかなり積極的に押してきたので、付き合うことになってしまいました。私は世間知らずのお嬢さん育ちもいいところだったので、簡単にそういう引っかけ話につられてしまったのです。
浮気どころか、彼は他の女性と交際していること、二股かけていることを隠そうともせず、他の女性にもモテるんだ、ということを自慢していたのですが、それでも気の毒な人だから仕方無い、などと思って許していた私がお人好しの馬鹿でした。
「自分の女性関係は全部話すから」などと、ドヤ顔で言われて、まあ正直なだけいいのかなあ、などといい方に考えてしまっていたのが本当にお人好しでした。目が覚めたのは、彼が私の実家に押し掛けてきた時です。彼は私の妹をジロジロ見て、好みだとか言って、なんと妹のことも狙っていたのでした。私の家族は父も妹もみんな彼のことを本能的に嫌いました。私が完全に、今で言うだめんずに引っかかったと思ったようです。その家族の反応を見て、私はやっと我に返りました。
だいたい平気で二股交際をしているという神経が分からないというものです。それをヘラヘラと許していた自分がとても愚かに思えて、彼への気持ちがすうっとさめていきました。彼がまた他の女性にモテるという自慢話を始めたとき、ついに怒りが頂点に達し、そのまま席を立って、もう絶対に連絡を取りませんでした。ちょっと思い出したくない付き合いだったですね。

知人の離婚への最終決断は、おでん?だった

知人宅は、医師と元看護師というカップルでした。
世間では、案外その組み合わせは多く、いわゆる、職場結婚ですが、結婚というのは、本人達二人だけの問題では無いと痛感する悲劇が長年続きました。
知人は、地方の高校を卒業して、姉の嫁ぎ先である関西に来て、看護学校で学び、病院勤務。実家は農家でした。
一方、元のご主人の実家は、代々続く姉も全て医者家族でした。
知人とご主人は、同じ病院で知り合い、恋に落ち、御主人側の猛反対を押し切っての結婚となって、3人の子供をもうけたのですが、御主人側からは、孫は可愛がるが、嫁には、数十年という月日の中で、一度も優しくは扱って貰えなかったようです。
それを、看護師をやめて、家庭に入った妻が、夜間遅く疲れて帰宅する夫に繰り返し愚痴る過程で、妻は、夫が真剣に対応してくれないと悩み、夫は、疲れを癒してくれない妻に不満を抱いての、他の看護師との浮気に走る原因にもなって行ったようです。
ある日、珍しく、早く帰宅した夫が、子供達と久々に遊んでくれている事に対しての喜びと、いつも、自分が愚痴ばかり言っている事への反省を込めて、お料理が得意とは言い難い妻は、頑張って、夫の好物のおでんを作って食卓に出したのです。
その時の夫の言葉が、いつも感じていたのだけど、どうも君の実家では、おでんがメインの食事の時は、サラダとか酢の物やお吸い物とかは作らないんだね。
こんな一品がドンとテーブルの真ん中を占領するなんて・・・やはり、結婚というのは、育った環境がかけ離れていると、一つ一つに大差があって、今となっては、生活し続ける事は、恐怖だね。だったそうです。
それから、知人宅は離婚し、養育費で生活しています。
そういった意味では、結婚とは、難しい物です。
そして、憧れを抱く人も大勢いるのも、結婚です。

恋愛をして自分が変わったと言われたこと

元々自分は恋愛をするつもりもなく恋人を探すつもりもありませんでした。
しかしふとしたときに仲の良かった人と付き合うことになり、それからというもの自分が好きになった相手一筋になるようになりました。
特にモテるわけでもなくしかし男友達も多かった自分は性格上、友達付き合いが一番関わりやすいと言われたこともあり、特に自分もそれを変えるつもりはなかったのです。
けど一度付き合うようになり、友達付き合いよりも恋人を優先するようになってからは、仲の良かった友達にいい意味でも悪い意味でも変わったなと言われました。
いい意味というのは恋愛をするようになり、女らしくなったという意味で言ってくれたそうです。しかし、悪い意味というのがまた複雑で、前に比べて精神的に弱くなったと言われました。
確かに付き合うようになってから弱音をよく言うようになっていたし、その人がそばに居ないと不安になったりしていました。
好きな気持ちとともに依存の感情も入っていたからだと思います。今までは友達付き合いだったので自分が我慢強く辛抱強く居れば問題なかったところですが、弱音を吐いて受け止めてくれる人が出来てからは今まで我慢していたものを素直に出すようになっていました。
実際その恋人と別れてからもすぐに次の恋愛相手を探すようになり、自分が甘えられる相手を見つけたいと思うようになりました。
一度恋愛をしてから、元々するつもりなかったのになと考えても仕方のない事ですが、あまり恋愛に依存するのも良くないなと友達に色々指摘されて最近改めて思うようになりました。