多くの看護師が転職するタイミングとその理由

看護師は色々な職業の中で女性の転職率が上位に入ると言われています。
なぜ看護師は転職する人が多いのでしょうか。結婚や引っ越しによる転職、給与アップを求めての転職、ボーナスが支給された後の転職、家事や育児との両立が困難になった時、
人間関係による転職など各個人それぞれ様々な理由があると思います。
転職のタイミングとして一番多いのは、ボーナス支給後です。ただし、ボーナス支給前に退職を伝えるとボーナスが一気に下がったりすることや場合によっては支給されないことがあるので、
事務の職員に相談したり就業規定確認することをお勧めします。また、辞めようと決意したのにも関わらず、引き止められることもあると思います。その場合は強い意志を貫き、上手く乗り切る
ことも大切になってきます。
転職の時期とどうように求人情報も増加する時期があります。それは、冬季ボーナスを支給された後、年度末で定年する看護師やきりが良いと辞める看護師が多いため、1月から3月が一番求人が
増える時期になります。

転職に踏み切る一番の理由

看護師で上位にある転職理由として、人間関係が挙げられます。職場の先輩が怖い・うるさい、自分の仕事を全くしない人、指導をするが全く人の話を聞かない後輩など様々な人と関わって
いかなければなりません。きつく、忙しい職場の中では心にゆとりがないため、不満や焦りが募っていきます。我慢をして不満ばかりが増えてくると、このような職場で働くことでイライラ
しながら仕事をしていては人間関係はさらに悪化してしまします。このような状況を変えるために転職をすることが最良の選択になるのではないでしょうか。
転職理由は様々ですが、せっかく転職したのに給料が低くなったり、職場環境がさらに悪化しては何のために転職したのかわからなくなってしまいます。また、そのような職場ではすぐに転職を
考えてしまい、長く勤めることはできません。そのような状態にならないためにも慌てて次の就職先を探すのではなくじっくりと吟味し、自分に合った職場を探すことが大切になってきます。
また、求人が増える時期に慌てて看護師求人サービスに登録を行っても間に合いません。好条件はみなさん希望されていますので、転職を考えているなら考えた時期から登録を行うほうが
よいでしょう。登録したからといってすぐに職場が決まるわけではないので、半年前か登録を行い、担当者とじっくり話し合いを行うことで自分の希望する職場を見つけることが出来ます。
そして、最近の傾向としては、短時間、短期間勤務のバイト看護師という働き方が増えています。一昔前だと、とにかく高収入を目指して長時間の勤務が当たり前でしたが、自分のライフスタイルを大事にする方が増えているのだと思います。